車種を売るたまに必要な実録は様々ありますが、その一つに車タックス納税認可といったよばれるものがあります。こういう認可は日々4ひと月毎日の時点で所有しているヒトに課税受ける車タックスの納付が正に行われたことを証明する実録だ。
車タックスの納税通知は日々5月になると都道府県から持主見込みに送付されますが、こういう納税通知は納付書といった収受証書を兼ねたものになってあり、指定されたゾーンで納税通知を提示してお金を払うといった、収受日取り印が捺印されます。こういう印が押された納税通知は、後々は納税を証明する実録として効き目を持ちます。
車タックス納税認可は、検査証明や自賠責保険認可とは異なり、運行場合携帯しておく必要はありません。但し、定期的に本当に受けなければならないGET検査では、これを最前に取り出しなければ真新しい検査証明の授与を受けることができません。非常に重要な実録なので、通常は検査証明や自賠責保険認可と共に車内に採集するようにして掛かる持主が多いです。