車種を買取専門店などに売るときに必要となるシートに愛車医療サインという判明記免許が挙げられますが、こういう2つのシートを見比べたときにエリアの記入が違う場合は、わが家を引っ越した数によって住民票、住民票の除票、戸籍の表示のうちのいずれかが必要となります。
どうしてそれら3つのシートの中から提示を求められるのかというと、これらのシートを見ればエリアのスイッチキャリアを知ることができるからです。3つのシートのうち、住民票は現時点いる近辺ってその前に住んでいた近辺しか確認できませんが、住民票の除票という戸籍の表示については、過去に住んでいた場所の採録を合計参照することができます。車種を売る際に、車種を買ってから売るまでに引っ越した数が1回の場合に住民票を、2回以上の場合に住民票の除票か戸籍の表示を提出するみたい求められるのは、各シートにこのような特徴があるからです。
住民票、住民票の除票、戸籍の表示の3つのシートはいずれも、市区町村役場においてホームでストレート添加の申請をするか、郵便で添加を請求すれば手に入れることができます。