車種を売る際に暖簾で作成する納品資格は何か

愛車割賦が残っている愛車は、名義が商店や割賦店舗だったりします。そのために名義切替を行ったり、売ったりすることができません。名義切替や愛車を売るためには、割賦を皆済し名義をそれぞれ名義に変更する必要があります。

ただし、割賦を皆済できない場合はどうしたら良いのでしょう。そのような場合、愛車を売ることはできないのでしょうか。そのようなことはありません。その愛車を売ったお金で割賦を返済することができるからです。そのためにはそのような場合は、名義のある商店や割賦店舗から売却資格をに作成してもらって名義を変更する必要がありますが、その手続きはユースドカーの買取店頭が行ってくれるので、何より難しいことはないでしょう。ただ、愛車を売ったお金まずは割賦の皆済ができない場合は、割賦を組み直して費消していく必要があります。割賦の組み直しに関しても、買取店頭として行えば良いでしょう。